teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


剣山再挑戦

 投稿者:前田賢次  投稿日:2017年 8月 4日(金)20時17分34秒
  台風のため一旦は中止しましたが8月30日~31日に実施します。集合場所等前と同じです。
よろしくお願いします。
 
 

雲ノ平に行ってきました その2

 投稿者:ICHI  投稿日:2017年 7月27日(木)23時43分45秒
編集済
  さて、1日の行動時間を紹介します。1日目は新穂高温泉からわさび平まで1時間20分ぐらい、2日目は双六小屋まで約8時間、3日目は双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳(100名山)、ワリモ岳、祖父岳などを経由して雲ノ平に到達するルートを歩いたので、朝4時半に出発して10時間半かけてやっと雲ノ平山荘に着きました。
一番上の写真は、山荘近くの標高2600mの雲ノ平湿原の様子で日射が強かったです。側方の高山はおそらく薬師岳です。
真中の写真は、4日目早朝6時前に山荘前で撮った全員の集合写真で参加者は4名でした。
一番下の写真は、黒部源流薬師沢の吊り橋を渡るメンバーと、鉄梯子を上るメンバーの様子で、余り怖さはありませんでした。実は、薬師沢手前の急坂を下りるの1時間余り難渋しましたが、こちらの方が、滑らないか、捻挫しないか、転ばないかと心配でした。
このあとは、いつも通り順調に、また天候にも恵まれて無事帰阪できました。
山の神様に感謝でーす。!!!
 

雲ノ平に行ってきました その1

 投稿者:ICHI  投稿日:2017年 7月27日(木)21時17分40秒
編集済
  2017年7月17日から4泊5日で、雲ノ平に行ってきました。イヤー、えらいところですねー。山奥のまたその奥ですからね。下手に天候が荒れたら、沢の増水などで足止めを食らって帰って来れませんよ。それに、雲ノ平の湿原以外、ほとんどが登ったり下りたりで体力がメチャ消耗しますよ。上ばかり気にしていると、雪渓トラバースで氷を踏み抜いて、雪渓の中の空洞を流れる川に落ちたら、死体すらあがってきませんよ。何という怖いところでしょうか?!
一番上の写真は2日目、弓折乗越付近で12時頃の雪渓トラバースの様子です。双六小屋までまだ1時間以上かかります。だけど幻想的でしょうー!? この時はまだ天気が悪かったですが、以後は最終日まで劇的に回復しました。
真中の写真は午後1時前でもう少しで双六小屋に着くところです。砂粒みたいな人物ですが、レッキとした我々のメンバーです。拡大して見てください。
一番下の写真は3日目の朝6時前に双六岳頂上から、槍、キレット、北穂を望んだ写真です。
 

(無題)

 投稿者:前田賢次  投稿日:2017年 6月16日(金)16時58分35秒
  夏山のお知らせ(追加)
剣山登山のメンバーです。
女性 今中さん 高井さん 萩田さん 濱田さん
男性 稲田さん 雄崎さん 藤井さん 佐竹さん 前田
以上9人です。
 

夏山のお知らせ(最終)

 投稿者:前田賢次  投稿日:2017年 6月 8日(木)16時03分34秒
  ○日時 8月6日~7日 ○行先 剣山(四国)○集合 8月6日AM6:50(JR環状線大阪城公園駅改札を出た陸橋の下付近)7時に出発 ○移動 マイカー2台(藤井さんと前田の車)○到着 PM12:30頃(見ノ越駐車場)○6日の歩行 見ノ越~頂上ヒュッテ~剣山~一ノ森ヒュッテ 計約3時間 ○宿泊 一ノ森ヒュッテ(一ノ森からの日の出は必見だそうです)○7日の歩行 一ノ森ヒュッテ~剣山~次郎笈~剣山~頂上ヒュッテ~リフト西島駅 計約3時間40分 ○リフト 西島~見ノ越 約15分 ○経費(概算) 高速代(2台約36000円)ガソリン代(2台約14000円)宿泊代(1人7200円)○帰阪途中で時間があれば適当に観光したいと思います  

和気アルプス

 投稿者:ICHI  投稿日:2017年 5月27日(土)00時17分12秒
編集済
  和気アルプスに登って来ました。
大阪駅でまず驚きました。ナント集合場所の人数が5名。えー、大阪から西で新快に乗ってくるような会員さんいたっけ、いないよね。
で、この5名で道中をすることになりました。当番の人徳が薄いことの表れですな。しばし反省!!!

10:06に和気駅に到着。駅前に出てみるとハイカーらしいグループが2,3組。「やっぱ休日は人が多いわい」と思いました。ここから登山口までは8分ぐらいです。一番上の写真は11:24のもので、吉井川沿いに北上しています。播磨アルプスと同様にコース全体にわたって岩場の上り下りの繰り返しでした。
真中の写真は、コースご自慢の「ジャン・ダルム」もどきです。一応滑らないよう注意しました。このコースにはこういった名前倒れの場所がたくさんあります。曰く、穂高山、剣峰、槍ガ峰等々。知らない人が聞いたら本気にしますよね。
一番下の写真は、昼食前の頂上での記念撮影です。参加者全員が写っています。健気でしょう!
頂上は神の上山と言ってわずか標高370mです。だけど上り下りがすごくて、辿り着くのに結構疲れますよ。
忘れてました。写真の通り天候は快晴でした。汗ダクダク。そこで、はい皆さん。そうです温泉です。
30分ばかし戻って西の尾根を進むと下に和気町営の鵜飼谷温泉が見えます。温泉ホテルには14:40頃着きました。そこへ600円でどぶーん。

さて最後は30分に1本しかないJRに乗れるか乗れないかハラハラしながら駅まで急ぎました。
これも何とか16:13の電車に滑り込みセーフ。それでも大阪駅まで2時間ちょっとかかるんですよ。遠かったですが、面白かったです。
いじょうで~す。
 

武奈ガ岳 その2

 投稿者:ICHI  投稿日:2017年 4月26日(水)23時50分36秒
  武奈ガ岳の写真を撮ってきましたので、掲載します。
23日はリーダーの和所さんが紹介した通り快晴でしたが、頂上付近ではまだ残雪が厚く残っていました。
一番上の写真は、その残雪の横を歩くメンバーの後ろ姿です。
真ん中の写真は、頂上で標識を囲んで参加メンバー全員がおさまった記念写真です。
頂上からは、湖北の山々や伊吹山、それに琵琶湖がきれいに見えました。
下の写真は、琵琶湖の方向を向いて昼食を食べたときの写真です。右手に白く見えるのは残雪です。
実は、下山時にこの残雪を踏み抜いて怖い目にあった女性が何人かいらっしゃいます。誰とは言いませんが、ものすごい悲鳴が山中にとどろきました。勿論いいクマよけになりました。
まあ、そんなことで、誰にも怪我はなく無事帰って来れました。
ヤレヤレ、めでたし、めでたし リーダーに感謝の1日でした。
 

夏山

 投稿者:前田賢次  投稿日:2017年 4月26日(水)22時10分2秒
  夏山の続報です。1日目は見ノ越から登り始め剣山の頂上を過ぎて一ノ森ヒュッテに一泊します。
歩行距離は約5kmで歩行時間2時間25分程です。2日目は一ノ森ヒュッテを出発し川上バス停ま
で約6km、2時間35分のコースです。私も剣山は初めてですが、本によればそんなにしんどいコースではなさそうです。なおこの計画は交通機関や貸し切りバスを利用した場合です。マイカーの場合は上りに使う道あるいは下りに使う道のどちらかの往復になるかもしれません。詳しいことはまだ決められません。5月31日の締め切りを待って決めたいと思います。決まったらまた掲示板にのせます。

 

武奈ヶ岳

 投稿者:和所  投稿日:2017年 4月26日(水)03時31分42秒
  晴天に恵まれ武奈ヶ岳に登りました!下山は今中さんの提案で八雲が原からイン谷口に下山。山桜、山ツツジそして美味しい空気。楽しい山登りでした。  

夏山

 投稿者:前田賢次  投稿日:2017年 3月31日(金)22時14分43秒
  今年の夏の山行を計画しました。

行先 四国の剣山(1955m 四国で2番めに高い山です)
日程 8月6日~7日(6日は山小屋に泊まります)
交通手段 貸切バスか高速バスか電車又はマイカー(今は未定です)
     *参加人数によって決めたいと思ってます。

参加を希望される方は5月31日までにメールで前田まで申し込んでください。
電話番号09066071579です。

 くわしいことはまだ決めていません。これから考えて決めたら又「掲示板」に載せます。
 剣山は名前から尖った山という印象を受けますが、山の本によると実際の山頂部は草原状のササ山で危険な岩場は無いとの事です。

 

レンタル掲示板
/27