teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


フェブラリーS

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2013年 2月15日(金)18時00分16秒
返信・引用
  コウセイコタロウ w    2月16日 フェブラリーステークス
         w★   2月16日 小倉大賞典       713黛  弘人
 
 

ダイヤモンドS

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2013年 2月15日(金)17時40分17秒
返信・引用 編集済
  イケドラゴン    2月15日 ダイヤモンドステークス                  6 12 伊藤工真
          2月16日 小倉大賞典

サイモントルナーレ 2月15日 ダイヤモンドステークス 2月17日 東京12

 

根岸S 登録馬

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2013年 1月23日(水)11時33分10秒
返信・引用 編集済
  アドマイヤメジャー 56.0
アドマイヤロイヤル 56.0
アーリーデイズ 56.0
エアウルフ 56.0
エベレストオー 56.0
エーシンウェズン 56.0
ガンジス 55.0
ガンダーラ 56.0
グリッターウイング 56.0
ケイアイテンジン 56.0
ゴールドバシリスク 56.0
サイオン 56.0
サクラシャイニー 56.0   ★ シルクロードとw登録
サンライズモール 56.0
シセイオウジ 56.0
スティールパス 54.0
ストローハット 56.0
スピリタス 56.0
スリーアリスト 56.0
セイカアレグロ 56.0
セイクリムズン 58.0
ダイショウジェット 56.0
タイセイシュバリエ 55.0
タイセイレジェンド 59.0  ★
ダノンエリモトップ 56.0
ダノンカモン 56.0     ★
テスタマッタ 59.0     ★
デュアルスウォード 56.0
トウショウカズン 56.0   ★
トウショウブリッツ 56.0
トキノフウジン 56.0
トシキャンディ 55.0
トーホウチェイサー 56.0
ナニハトモアレ 56.0
ニシオドリーム 56.0
ネオサクセス 56.0
ヒラボクワイルド 56.0
フィールドシャイン 56.0
フサイチセブン 57.0
マルカベンチャー 56.0
メイショウツチヤマ 56.0
メイショウマシュウ 56.0
ワールドワイド 56.0
 

根岸S

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2013年 1月23日(水)11時31分50秒
返信・引用
  8枠15 タイセイレジェンド  内田 博之 矢作 芳人 田中 成奉 4着
5枠 9 シルクフォーチュン  藤岡 康太 藤澤 則雄 シルク   1着
2枠 4 トウショウカズン   田辺 裕信 領家 正蔵 トウショウ 2着
6枠11 テスタマッタ     岩田 康誠 村山 明  吉田 和美 3着
3枠 5 ダノンカモン     福永 祐一 池添 泰寿 ダノックス 5着
1枠 2 サクラシャイニー   浜中 俊  羽月 友彦 さくらコマ 8着
 

ダイヤモンドS 登録馬

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2012年 2月17日(金)17時18分58秒
返信・引用 編集済
  アブソリュート
エナージバイオ    繰5 2/19 東京12R 金蹄S     3枠 6
オウケンブルースリ
ギュスターヴクライ
ケイアイドウソジン
コスモヘレノス
サイモントルナーレ  繰7 2/19 東京12R 金蹄S     5枠 9
サンテミリオン
スノークラッシャー  繰2 回避
スマートロビン
セイカアレグロ
タニノエポレット   繰4 回避
トウカイトリック
トパンガ
ネコパンチ
ノーステア      繰3 2/19 東京10R アメジストS  2枠 2
ピエナファンタスト
ビートブラック
ブルースターキング  繰6 2/19 東京10R アメジストS  5枠 7
マイネルキッツ
マカニビスティー   繰1 回避
ヤングアットハート
リッカロイヤル
 

データー

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2012年 2月13日(月)06時24分24秒
返信・引用
  長距離で輝くステイヤーの原石を探し出せ!「第62回 ダイヤモンドステークス」
3000mを超える距離で行われるJRAの平地重賞は、このダイヤモンドSと天皇賞(春)、菊花賞、阪神大賞典、ステイヤーズSの5レースのみ。貴重な条件のレースだけに、長距離レースを得意とする馬にとっては重要な意味を持つ一戦だ。また、ハンデキャップ重賞であることに加え、3000m以上のレースをあまり経験していない馬の出走も多く、意外な伏兵馬が台頭するケースも少なくない。出走各馬の長距離適性に対して、どう見極めるかがポイントと言えるだろう。今回は東京競馬場・芝3200mで開催された2002年、中山競馬場・芝3200mで開催された2003年を含む過去10年の結果から、レースの傾向を分析してみたい

前走がJRAの重賞だった馬は割り引き!?

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前走で「JRAの重賞以外」のレースに出走していた馬だった。好走率で見ても、前走が「JRAの重賞以外」が、「JRAの重賞」だった馬を大きく上回っている。実績のある馬ほど重い負担重量が課されるハンデキャップレースだけに、条件クラスを勝ち上がったばかりの馬や、格上挑戦で臨んでくる馬にも注意しておこう

前走が2400m以上だった馬に注目!

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前走で「2400m以上」のレースに出走していた馬だった。また、前走が「2400m以上」だった馬の好走率は、「2400m未満」だった馬のそれを大きく上回っている。3400mの長丁場だけに、前走でもそれなりに長い距離のレースを選んでいた馬が優勢だ

ちなみに、前走が「2400m未満」だった馬についてそのレースの条件別成績を見ると、3着以内に好走した5頭中4頭は前走が「JRAの重賞以外」のレースだった。前走が「2400m未満」かつ「JRAの重賞」だった馬のうち、3着以内に入ったのは2002年2着のフサイチランハート(前走・アメリカジョッキークラブC)だけである。今年も前走が2000m前後のJRA重賞だった馬は割り引きが必要だろう

前走好走馬が優勢!

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は、前走で「4着以内」に好走していた馬だった。また、前走の着順が「4着以内」だった馬の好走率は、「5着以下」だった馬のそれを大きく上回っている。前走で上位争いに食い込めなかった馬が巻き返す可能性は高くないようだ

なお、前走の着順が「5着以下」だった馬についてそのレースの4コーナーの位置別成績を見ると、前走の4コーナーで「5番手以内」につけていた馬の連対例はなかった。前走の着順が芳しくなかった馬の中でも、前走で先行していた馬はとくに苦戦する可能性が高いものと考えたい

近年は差し、追い込み有利!

東京競馬場・芝3400mで行われるようになった2004年以降の過去8年について4コーナーの位置別成績を見ると、4コーナーを「6番手以下」で通過した馬が、「5番手以内」だった馬を大きく上回る好成績を収めていた。ゴール前の直線が長いコースだけに、4コーナーで先団につけた馬がそのまま押し切るのは難しいのだろう


 

ダイヤモンドS 登録馬

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2012年 2月13日(月)06時19分38秒
返信・引用 編集済
  アブソリュート
エナージバイオ    繰5
オウケンブルースリ
ギュスターヴクライ
ケイアイドウソジン
コスモヘレノス
サイモントルナーレ  繰7
サンテミリオン
スノークラッシャー  繰2
スマートロビン
セイカアレグロ
タニノエポレット   繰4
トウカイトリック
トパンガ
ネコパンチ
ノーステア      繰3
ピエナファンタスト
ビートブラック
ブルースターキング  繰6
マイネルキッツ
マカニビスティー   繰1
ヤングアットハート
リッカロイヤル
 

データー

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2012年 2月 7日(火)10時44分28秒
返信・引用
  クラシック戦線の主役を輩出してきた注目の一戦!「第46回 共同通信杯(トキノミノル記念)」
1984年のグレード制導入後の共同通信杯で優勝を果たした馬のうち、ダイナガリバー(1986年)、アイネスフウジン(1990年)、ナリタブライアン(1994年)、ジャングルポケット(2001年)の4頭が同年の日本ダービーを制覇。近年の優勝馬を見ても、アドマイヤムーン(2006年)、フサイチホウオー(2007年)、ブレイクランアウト(2009年)が同年春のGI レースで単勝1番人気の支持を集めている。当レースで見せたパフォーマンスがGI レースでの結果や前評判に直結する、非常に注目度の高い一戦と言えるだろう。今回は中山競馬場で開催された2003年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい

実績馬が中心!
過去10年の3着以内馬30頭中21頭は、「芝1600m以上のJRA重賞かオープン特別で3着以内に入った経験のある」馬だった。また、この条件に該当した馬の好走率は、該当しなかった馬のそれを大きく上回っている。芝1600m以上のオープンクラスのレースですでに好成績を収めた馬は信頼できるようだ

前走の条件と着順に注目!
前走の条件別成績を見ると、格が高いレースに出走していた馬ほど3着内率が高く、「新馬」・「未勝利」・「地方競馬のレース」組からは連対馬が出ていない。今年もまずは前走が「JRAの重賞」や「オープン特別」だった馬に注目すべきだろう

ただし、前走が「JRAの重賞」・「オープン特別」だった馬のうち、そのレースで「6着以下」に敗れていた馬の連対例はなく、3着に入ったのも2011年のディープサウンド(前走・オープン特別のホープフルS10着)だけだった。前走がオープンクラスのレースであっても、6着以下に敗れていた馬は評価を下げたい

通算出走回数がポイント!
通算出走回数別成績を見ると、キャリア「2戦以下」または「8戦以上」の馬は優勝例がなく、連対率や3着内率もキャリア「3~7戦」の馬を大きく下回っていた。キャリアの浅い馬や8戦以上のキャリアを持つ馬は苦戦する傾向にあるようだ

遅生まれの馬は割り引き!?
出生月別成績を見ると、「5月」または「6月」生まれの馬は優勝例がなく、3着内率も「1月」・「2月」・「3月」・「4月」生まれの馬をそれぞれ下回っていた。3歳2月のレースだけに、生まれが早く完成度の高い馬が遅生まれの馬に対し、そのアドバンテージを活かしているようだ

The G-Files 058
初の兄弟馬2日連続重賞勝利
天下無双の兄弟馬 ナリタブライアン
http://www.jra.go.jp/topics/column/g_files2010/10_0207.html


 

共同通信杯 登録場

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2012年 2月 7日(火)10時41分46秒
返信・引用
  アーカイブ 56.0
ヴォードヴィリアン 56.0
エネアド 56.0
ガッテンキャンパス 56.0
キングクリチャン 56.0
コスモオオゾラ 56.0
ゴールドシップ 57.0
ジャングルクルーズ 56.0
ストローハット 56.0
スピルバーグ 56.0
タガノグーフォ 56.0
ターフデライト 54.0
ディープブリランテ 57.0
ブライアンズオーラ 56.0
ヘレナモルフォ 54.0
マナウス 56.0
レッドブレイゾン 56.0

 

データー

 投稿者:SANDWICH馬N  投稿日:2012年 2月 7日(火)10時40分57秒
返信・引用
  胸高鳴る牝馬クラシックへの登竜門!「第47回 デイリー杯クイーンカップ」
このレースの勝ち馬からは、2004年のオークスを制したダイワエルシエーロを筆頭に、2003年のチューニーがオークス2着、2011年のホエールキャプチャは桜花賞で2着、オークスと秋華賞で3着に入るなど、のちの3歳牝馬三冠戦線で上位争いを演じる馬が多数輩出されている。中山競馬場・芝1600mで開催された2003年を含む過去10年の結果から、どんなレース傾向があるのかを探っていこう。

前走「芝1600m以上」組が圧倒!
まず、前走の距離に着目すると、好走率で上位の数値を叩き出したのは「芝1600~1700m」と「芝1800m以上」の2グループで、その他の3グループに大きな差をつけている。さらに、2005年以降の過去7年間では、連対馬14頭中13頭を前走で「芝1600m以上」に出走していた馬が占めている。今年もこの傾向が続くのか、前走の距離には注目したい

近2走ともに5着以内の勢いが重要!
近走の成績に目を移すと、近2走での最低着順が「1~5着」だったグループが8頭の優勝馬を送り出し、好走率でも「6着以下」だったグループを大きく引き離していた。出走頭数は1~5着は79頭、6着以下は81頭とほぼ互角で、近2走でともに5着以内に入っていた馬の勢いは、6着以下に敗れた経験がある馬を、断然上回っていると評価できるだろう


 

レンタル掲示板
/2