teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


狼犬のリードなし散歩について。

 投稿者:トレッカー  投稿日:2015年 8月16日(日)06時35分1秒
  羆塾の知り合いの方、いらっしゃったら、狼犬の放し飼いやリードなし散歩は怖いのでやめてくださいとお伝え下さい。  
 

ベアドックのパトロール再開

 投稿者:トレッカー  投稿日:2015年 8月16日(日)06時30分6秒
  ベアドック(狼犬)のパトロールは再開されますか?
当方ヒグマは怖いものの、それ以上に人喰い事件を起こした狼犬のリードなし散歩のほうが怖いです。
もし再開されるようでしたら、広報なり放送での告知をお願いします。
 

こころのマーケティング  

 投稿者:あだち  投稿日:2008年11月 9日(日)13時57分16秒
             失礼します。

      「ビジネスを強くするメッセージ」
            ご笑覧下さい
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/

            (営利活動ではありません)
 

地域通貨について

 投稿者:岩井國臣  投稿日:2008年 1月13日(日)01時56分49秒
  1月4日のNHKテレビで、全国でもっとも元気のない市町村として北海道の歌志内市のことがでていました。元気を出すにはどうすすればいいか。NHKスタッフの呼びかけで、北大の西部忠先生らの応援を得て、地域通貨の準備が始まったようです。

 私は、本格的な地域通貨は一つもないと思っておりますが、その原因はうまく流通しないことにあります。うまく流通しないために、経済的な力を持てない。お遊びといってはちょっと語弊がありますが、まあそんなところです。経済的な力を持つ、つまりそれが地域力の源泉になるためには、うまく流通しないとダメ。

そこで、歌志内での取り組みが成功することを願いながら、1月4日から1月9日まで、私のブログにひとしきり地域通貨について書きました。是非、ご覧下さい。
http://kuniomi.cocolog-nifty.com/

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/index.html

 

今年もよろしく!

 投稿者:岩井國臣  投稿日:2008年 1月13日(日)01時44分58秒
   文芸春秋の先月号(平成19年12月号)に藤原正彦さんが「教養立国ニッポン」という題で、経済至上主義では人心が乱れてくにが滅ぶという・・・救国の提言をなさっている。内容について、皆さんはどうお感じになったか判らないが、私は藤原さんとほとんど同じ考えである。経済は重要だし、一連の経済改革も必要だが、経済至上主義はいけない。日本は、経済とともに教養も同じ程度に大事にされなければならないと私は思う。
 また、潮の先月号(平成19年12月号)に文化庁の長官・青木保さんが「<文化力>が日本の存在を輝かせる」という題で、日本文化を発信するために国家的戦略が必要なことを訴えている。その中で、青木さんは、「海外からの観光客はこれまで年500万人超、昨年は700万人台に達したという報告もありましたが、ここ2、3年で増えているとはいうものの、インドネシアやタイなどの約2000万人、中国の約5000万人、フランスの約7000万人などと比べると、これだけの経済大国で、しかも長くて深い歴史と独自の文化を持っている国にしては、少々さびしい気がします。」と言っているが、私もまったく同感である。いや、さびしいなどというよりも、私は、むしろ情けない思いがしている。
 <文化力>という言葉は悪くはないが、ちょっと誤解を与えるかもしれない。というのは、どんな国でも文化はある訳で、したがって<文化力>はそれなりにあるわけである。しかし、日本が今考えねばならないことは、日本の経済力と相まって、日本が世界平和に与える影響力である。そのことをきっちりと認識できていないと、日本文化を発信するために国家的戦略が必要なことを一般には理解できない。日本の「歴史と伝統文化」の心髄は何か、またそのことが世界平和とどう繋がっていくのか。

 「ジオパークの演劇性」に書いたように、日本の「歴史と伝統・文化」の心髄が「違いを認める文化」にあり、そういう意味では、日本では歴史的に見て「平和の原理」が働いてきたといえる。それを「平和の論理」として世界の人びとに語って行かなければならない。私が「劇場国家にっぽん」と言ったり「文化観光」の重要性を訴えているひとつの理由はそのためだ。そして、私が、わが国の「ジオパーク」を推進しようとしているのは、その演劇性にあり、万年前からの「歴史と伝統・文化」をビジュアルに見せるためである。私が「劇場国家にっぽん」と言っている所以である。私が「劇場国家にっぽん」と言ったり「文化観光」の重要性を訴えているもうひとつの理由は、地域の活性化のためできるだけ多くの外国人観光客に来てもらうためである。できるだけ多くの外国人観光客に来てもらうためには、観光資源として、これからの新しい文明を創造するために役立つというか、これからの生き方に重大な示唆を与えうる・・・文化的価値の高いものが必要である。しかもそれが唯一日本にしかないとなれば、外国人向けの観光資源としては最高のものとなる。



 なお、昨年は、広島と札幌でジオパークをテーマとした講演会があった。次は、そのときの私の用意した映像であり、念のために紹介しておく。

究極の観光資源・まちづくり
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/0711hiro.html

ジオパークは北海道を変えるか?
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/0711poro.html

 また、昨年は、白滝ジオパークの関係で、3回、現地でセミナーをやった。次は、そのときの私のテキストであり、念のために紹介しておく。

地域の持続的発展とは何か?
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/20070526.html

黒曜石文化とは?
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/20070901.html

子どもの教育の原点は何か?
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/nihirizu3.html

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/index.html

 

謹賀新年

 投稿者:岩井國臣  投稿日:2008年 1月13日(日)01時39分25秒
  八木さん、的場さん、丹羽さん こんにちわ!

昨日、白滝に行くバイラ、フルレ、ドルジョーの三人を含むモンゴル文化教育大学の学生12名の歓迎会を東京でやりました。ソイルト学長、大野重男さんと関係の人々の新年会もかねた懇親会であったのです。モンゴル大使館のダワー一等書記官も出席しました。学生全員で・・・・例の「渡り鳥」の合唱がありました。

いろいろお世話になりますが、どうかよろしくお願いします。彼らは間違いなくこれから日本とモンゴルの架け橋になります。優秀な人材です。

さて、いずれ白滝には、木村教授の分室に続いて、モンゴル文化教育大学の分室ができると思います。将来は、モンゴルの領事館をつくることになります。

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/index.html

 

地質概要踏査を実施しました

 投稿者:かめさん  投稿日:2007年 7月 5日(木)22時56分59秒
  懸案の地質概要踏査を、H19.6.30~7.1の日程で実施しました。天候が危ぶまれましたが、初日は時々霧雨、2日目は曇りのち晴れの天候で、むしろ心地よい山歩きでした。予想どおり、比較的狭い範囲に、基盤岩(日高塁層群)から成層した堆積岩(カルデラ堆積物?)、溶結凝灰岩、流紋岩(黒曜石)まで露頭が見られ、地質的な謎解きの場として相当面白いのではないかと再確認してきました。http://www.raax.co.jp/sato8/shiratakiGPtousa070630.pdf
同時に熊さんの気配もちらほら、、専門家のアドバイスが必須のようです。ちなみに小職は「ぬかか」におでこを無数に刺され、見るも無残な顔になってしまいました。虫除け対策も万全を期しましょう。
 

白滝黒曜石をめぐる話題が盛り上がってきました

 投稿者:事務局代行  投稿日:2007年 6月17日(日)11時06分21秒
  札幌大学開学40周年記念・夏期特別セミナー『環境と考古学』の案内をホームページのトップに掲示しました。
また、H19.8.3-4には、例年行われている「古代ロマン体験セミナー」が開催されるとのことです。白滝黒曜石遺跡に関する学習など、地域活動がますます活発になると良いですね。
 

詩:「北の黒曜石の道」

 投稿者:事務局代行  投稿日:2007年 4月28日(土)23時50分14秒
編集済
  4月22日の「ヒグマ・フォーラム」は予想を上回る盛況だったとのこと。成功おめでとうございます。ところで、作詞家:小山智庸(ともつね)氏(日本音楽著作権協会会員)から、「北の黒曜石の道」と題した詩が寄稿されました。小山氏は、札幌大木村先生の同名の著作や当協議会の活動に感銘を受け、作詞したとのこと。どなたか曲をつけませんか?http://www16.ocn.ne.jp/~srtk-gp/kitanokokuyousekinomichi.htm  

遠軽町で「ヒグマ・フォーラム」が開催されます

 投稿者:事務局代行  投稿日:2007年 4月21日(土)21時32分22秒
  遠軽町で「ヒグマ・フォーラム」が開催されます  投稿者:事務局代行  投稿日:2007年 4月21日(土)21時29分21秒
   丸瀬布在住の、羆塾・岩井基樹氏を招いてのフォーラムが下記の要領で開催されます。そろそろ冬眠からオヤジが目を覚ます季節です。人間もオヤジとの付き合いが一番難しく大事です。末永く付き合えるよう、こちらも勉強しましょう。
 日時:平成19年4月22日(日) 午後6時~
 場所:遠軽町保健福祉総合センター( 0158-42-4813)
 主催:白滝黒曜石遺跡ジオパーク構想推進協議会
 入場無料
 

レンタル掲示板
/3