teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


11月例会日にち変更

 投稿者:堀越  投稿日:2018年10月18日(木)19時17分6秒
  11月18日予定していましたバーベキュー
会場貸切のため日にち変更します
月日:11月11日(日曜日)
集合場所京阪私市改札外10:00
行き先星の里いわふね
誠に申し訳ございません
よろしくお願い致します。
申し込み締切10月末堀越まで
 
 

9月例会の中止

 投稿者:前田賢次  投稿日:2018年 9月27日(木)21時42分23秒
  台風24号のため9月30日は京都も大荒れの天気が予想されるので、山楽会の9月例会は中止とさせていただきます。よろしくご了承ください。
 

2019年山楽会 月当番 

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 9月23日(日)09時29分57秒
編集済
  1月 坂田さん 2月 和所さん 3月 雄崎さん 4月 佐竹さん 5月 中川さん

6月 今中さん 7月 藤井さん 9月 小西さん萩田さん 10月 稲田さん

11月 宮地さん 12月 前田さん
 

(無題)

 投稿者:堀越  投稿日:2018年 8月27日(月)22時24分32秒
  11月18日(日)

今年7月台風の影響で中止になっていたバーベキュー11月18日に予定します。
詳細は7月とおなじです
山楽のスケジュールの7月確認下さい
参加希望者は10月末までに堀越まで申し込み
お願いします。
 

(無題)

 投稿者:萩田 小西  投稿日:2018年 8月27日(月)21時34分52秒
  月日::10月28日(日)
行き先:蓬莱山
集合場所:大阪駅8番ホーム先頭車両付近7:30
7:45発東海道山陽本線新快速敦賀行に乗車
8:35堅田着 堅田発8:50のバスに乗ります。
平バス停9:23→権現山登山口→アラチ峠→蓬莱山→打見山山頂駅 約4時間の歩行時間です。
下山は琵琶湖バレイのロープウェイ利用します
バスで志賀駅まで
琵琶湖が一望できて気持ちよいコースです。
 
 

8月の例会 生駒山

 投稿者:jun  投稿日:2018年 8月27日(月)08時07分3秒
  真夏での低山ハイキングって、古希を過ぎた身には過酷でした

 来年から8月は夏休みとしませんか?

10人ものメンバーが枚岡駅近くの鳥居前に集まり、登りだすが、すぐに汗びっしょりに

12時半ごろにレストハウスに着き1時間ばかりのランチタイムとしました

大勢のハイカーがきてましたが、熱中症でか横になって休んでる人もいました


ぼくらの広場からは大阪湾の向こうに、明石海峡大橋の支柱まで、はっきり見えました

暗峠からあじさい園へ、石切へのくだりはいつもの辻子谷コースではなく宮川谷コースから

石切駅には4時過ぎに到着しました 1年半ぶりに参加してくれた中川さん足の具合はどうでし

た? 皆さん暑い中、お疲れです
 

白山に登って来ました その5

 投稿者:ICHI  投稿日:2018年 8月11日(土)01時03分21秒
編集済
   お池とは昔の噴火口の跡らしく、その凹みに水や雪が溜まったもののようです。白山の噴火で一番最近なのは、1659年ですからそれ以来360年ほど鳴りを潜めているようです。しかし、活火山Cに分類され、水蒸気爆発が心配されているそうです。それで、登山の途中に「噴火口より2km地点」と書いた標識があった訳です。水蒸気爆発の場合、火山弾の飛散範囲は2kmとネットに出ていましたから。
上の写真は御前峰を北側から見た写真で、池は油ヶ池だと思います。とてもきれいな風景でした。お池めぐりに我々は、3時間余りかかりましたが、池の水が藍色に見えたり、翠色に見えたりして飽きることはありませんでした。
真中の写真は、山小屋での夕食の風景です。1泊目の御前荘は旅館だったので豪華な食事ができましたが、ここは、質素なものです。その上、夕食時間は客が多くて5時半頃でした。
 8月7日は帰阪日でしたが、メンバーの半数の4人が早朝4時10分に山小屋を出発し、山頂でご来光をお迎えすることにしました。5時前に山頂に着いた時には、白山神社の神主さんが大きな岩の上に立ち東の方を向いて、登山者にご祭神のこと、全国に2700社ある有名な分社のこと、白山の名を冠した植物、雲に隠れた山々の名前等をお話になりました。
太陽が雲の上に出て全体の姿を現した時には、万歳三唱の音頭を取られ、我々もそれに唱和しました。この時の太陽の様子が下の写真です。
この日は、山小屋で朝食をとり7時前に白山室堂の山小屋を出発しました。弥陀ヶ原では黒ボコ岩に戻るのではなくエコーラインに沿って歩くルートを選び、南竜山荘の近くを通って、砂防新道に出ました。
砂防新道に戻ってからは、甚之助避難小屋、中飯場等を通って11時頃別当出合いに帰り着きました。
このあと、1泊した御前荘の隣にある温泉で汗を流し、北陸道の南条SAで食事をして帰阪しました。
車を提供して下さった皆様、安全運転して下さった皆様に感謝してこの報告を終わります。
有難うございましたあー !!! (大声で) 
 

白山に登って来ました その4

 投稿者:ICHI  投稿日:2018年 8月10日(金)20時26分43秒
   午前11時にやっと上の写真にある白山室堂ビジターセンターに着きました。コースタイムより1時間余り遅れました。だけど、我々のレベルからすれば、上出来だと思いました。ここで、重い荷物をおいて軽装になり、いよいよ頂上アタックです。
11時半に御前峰(ごぜんがみね)に登り始めました。標高差250mを一気に登り切ります。「ふーふーはーはー」と我々は息を切らせて50分かかってついに登りきりました。そこで撮った全員の集合写真が真中の写真です。バックは白山神社の奥宮です。
頂上からは、霧や雲で遠くは良く見えませんでした。しかし、近くの剣ヶ峰、大汝峰、雪渓や池の美しい藍色や翠色は印象的でした。下の写真は「お池めぐり」に出発した時のもので頂上の様子がよくわかると思います。
 

白山に登って来ました その3

 投稿者:ICHI  投稿日:2018年 8月10日(金)19時47分43秒
編集済
  さらに山腹を進んでいくと、上の写真のような延命水と言う水場がありました。これ幸いと、休憩がてら皆で水を頂きましたが、美味しかったです。
真中の写真は、黒ボコ岩という落ちそうで落ちない火山岩で、昔に噴火口から飛び出してここまで、転げてきたものらしいです。この話は室堂平で自然観察の説明員の方から聞いた話です。ここまで来ると、室堂平まではコースタイムであと30分、多少ルンルン気分です。そのうえ、ここからは弥陀ヶ原という台地に敷かれた木道の上を快適に歩くことができました。その様子が下の写真です。
 

白山に登って来ました その2

 投稿者:ICHI  投稿日:2018年 8月10日(金)13時05分44秒
編集済
   8月6日は、朝4時半に起床し、5時に車に分乗して別当出合の登山口に向かいました。40分余りで駐車場に到着し、少し離れた登山口まで歩きました。登山届を提出し、6時に上の写真にある立派な登山口のモニュメントの横を通って長い吊り橋を渡りました。いよいよシンドイ、クルシイ、「行」が始まります。私達は「ゆっくり、ゆっくり登りましょう」を呪文のように唱えて歩き始めましたが、しょっぱなから急登ですぐ息が乱れました。それでも、コースタイム通り50分で地図上最初の休憩地である中飯塲に着きました。次の休憩地甚之助避難小屋までは、コースタイムで1時間半かかります。ナガイー! しかし樹林帯の中でもあり、多少は美しい景色に癒されながら進むことができました。短い休憩を何回もとりながら、やっと甚之助避難小屋に着きました。真中の写真は休憩中のメンバーの様子です。ここでやっと、室堂平までの行程の半分以上を登ったことになりました。ここで、しっかり休憩した私たちは次に黒ボコ岩を目指して出発しました。コースタイムは70分の行程です。朝も9時頃になると日が昇り暑くなってきますが、この日は霧が出たのと高度が上がることによる気温の低下でしのぎやすかったです。樹林帯を抜けると山腹の斜面いっぱいにお花畑が広がっていました。その時の様子が下の写真です。ウーン、きれいですね。
 

レンタル掲示板
/29